ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
 TOPことばの娯楽館で話題を豊富にしよう仏教がルーツのことば
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

仏教がルーツのことば


空念仏(そらねんぶつ)
実体のともなわない空虚なことばを繰り返すという意味です。信心のない、うわの空の念仏を「空念仏」といったことからきています。

他力本願
いまでは、人まかせで消極的な意味に使われていますが、本来は広大な弥陀の本願を他力といいました。
それにまかせきるには、積極的な信仰心がなければかなわない、とされています。

大袈裟(おおげさ)
鎌倉時代、栄西をはじめとする禅僧たちは、大きな袈裟をかけ、大きな衣の袖をひるがえして、京の町を歩きました。
袈裟が大きいばかりでなく、彼らのもののいい方も大きく、「一塵をあぐれば天下おさまり、一花ひらけば、世界おこる」といった具合だったようです。
ここから、生まれたことばが「大袈裟」ということです。

精進(しょうじん)
仏道に精励することを「精進」といいましたが、後に身を清め飲食行動を慎む意味になり、さらには「精進料理」「精進揚げ」というように、菜食のことをいうようになりました。

普請(ふしん)
家を建てることを「普請」といいますが、実は、これは禅宗からきたことばです。
禅宗では、坐禅だけでなく、働くことも修業となっていて、修行僧を集めて働かせることを「普請」といったのです。









ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
食べ物がルーツのことば
相撲の番付の語源
月の呼び名の語源
仏教がルーツのことば
女房ことば
業界用語
回文
都道府県名の由来







★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★男と女の恋愛法則
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.