ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
 TOPことわざ・故事の語源や由来を知ろう弘法(こうぼう)も筆のあやまり
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

弘法(こうぼう)も筆のあやまり


どんな名人上手でも、ときには失敗するという意味です。
弘法とは弘法大師のことで、真言宗を開いた平安時代の高僧です。




弘法大師はその当時、嵯峨天皇(さがてんのう)・橘 逸勢(たちばなのはやなり)とともに"三筆"といわれるほどの筆の名人であったのです。

あるとき、弘法大師は勅命によって応天門に設置する額に、文字を書くことになりました。ところが、応天門と書き上げ設置したのはよかったのですが、よく見ると、応天門の「応」の字の「心」という部分の点が1つ足りなかったそうです。

驚いた弘法大師は、すぐに筆を投げて点を打ち、その場の人びとの喝采を受けたのですが、その後、あんな偉い人にも失敗があるものだと、都のうわさになったということです。

この逸話は「今昔物語」のなかの話からきています。







★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★男と女の恋愛法則
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.