ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
誰もが思う素朴な疑問
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
四字熟語の読み方と意味
三字熟語の読み方と意味
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
 TOPことわざ・故事の語源や由来を知ろう急がば回れ
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
誰もが思う素朴な疑問
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
四字熟語の読み方と意味
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

急がば回れ


急いでいるときは、よく知らない近道や危険な近道は避けて、よく知っている安全な道を行ったほうが、結局は早く目的地に到着する、といった意味で、焦る心をいさめています。

語源は、室町後期の連歌師宗長の
『武士(もののふ)の 矢橋(やばせ)の渡し 近くとも 急がば回れ 瀬田の唐橋』からきています。

武士(旅人)は少しぐらい遠回りをしても、安全な道を選ぶほうが、早く着くことがあるという趣旨です。

滋賀県草津市に矢走という小さい渡し舟の船着場があり、昔は東海道を東から来て京都に入ろうとすると、瀬田の唐橋まで、徒歩で南に約4キロメートルほど遠回りしなければなりませんでしたが、この橋を使うと早く京都に入れたようです。

ただし、天候しだいでは、運休する日も多かったということです。
だから旅を急ぐ場合、多少、遠回りをしても、瀬田まで歩いたほうが、結局は早く大津に着き、そのまま京都に入れるので、この歌があります。

何ごとも急がなければ、他人に遅れをとることの多い今の世の中、これは昔も今も変わらないので、少しでも気長に構えていると、とろくさいように見られてしまいがち  です。







★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★男と女の恋愛法則
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.