ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
誰もが思う素朴な疑問
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
四字熟語の読み方と意味
三字熟語の読み方と意味
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
 TOPことわざ・故事の語源や由来を知ろう肝胆相照らす(かんたんあいてらす)
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
誰もが思う素朴な疑問
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
四字熟語の読み方と意味
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

肝胆相照らす(かんたんあいてらす)


「お互いに腹のそこまで打ち明けて話せて理解しあえること」「親しく付き合うことのできる真の友情」という意味です。


柳宗元(りゅうそうげん)の「柳子厚墓誌銘」に韓愈が書いているもので、そのなかで、友情の厚さを詠んでおり、ほんとうの友情を尊び、軽薄な交友を憎んだのです。

韓愈は、似て非なる友情の本質を見極め、その信ずべからざることを永遠の名文で書き残していますが、おそらく、生涯に幾度となく出会った不遇時代に真の友情と然るべからざるものを区別する能力を身に付けたのであろう。

「柳子厚墓誌銘」の一節に、「人は困った時にこそ、真の友情が生まれる。

平穏に暮らしているときは、懐かしがり悦び合い、互いに譲り合い手を取り合い、肝胆を出して相示し、生きるも死ぬも背かないと言えばもっともらしいが、一旦髪の毛一筋ほどの利害関係が生じれば、知人ではないと言う顔で眼を背ける」と書いています。







★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★男と女の恋愛法則
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.