ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
誰もが思う素朴な疑問
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
四字熟語の読み方と意味
三字熟語の読み方と意味
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
 TOP ことばの語源や由来を知ろう桃源郷(とうげんきょう)
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

桃源郷(とうげんきょう)


「桃源郷(とうげんきょう)」とは、争いもなく不満もないような理想的な世界を指していいます。


これは中国の六朝時代の詩人、陶淵明(365年~427年)の「桃花源記」に出ている話によります。

晋の太元年間のころ、武陵(ぶりょう)の漁師が、小舟で魚を求めて谷川をのぼっていくと、どこまで来たのか分からなったころ、突然桃の花が一面に咲き乱れる林が両岸に広がったのです。その香ばしさ、美しさ、花びらや花粉の舞い落ちる様に心を魅かれた男は、その源を探ろうと桃の花の中をさらに遡り、ついに桃林の奥に、秦の時代からの戦乱を逃れ、数百年もの間世界から隔絶された「平和郷」を発見した。

桃の花が咲き乱れている土地は広がり、桑や竹が風にそよぐ中を犬や鶏の鳴き声が聞こえ、のどかさを増しています。
そこはどこにでもあるような農村の風景でありながら清楚で美しく調い、人々はみな微笑みを絶やさず働き、見るものすべては和らいでいた。

彼はそこで手厚いもてなしを受け、夢のような数日を過ごしたあと帰って行った。
しかしその後、漁師も、他の誰も、二度とその場所を見つけることは出来なかったということです。








★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.