ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
誰もが思う素朴な疑問
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
四字熟語の読み方と意味
三字熟語の読み方と意味
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
 TOP ことばの語源や由来を知ろう端午の節句(たんごのせっく)
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

端午の節句(たんごのせっく)


「端午の節句(たんごのせっく)」とは、五月五日の節句のことで、三月の「ひなの節句」と並んで、子どもにはとりわけ親しみの深い日です。


「端午」の語源は、「端」は「はじめ」という意味(正月を端月ともいう)で、端午は、月の初めの午の日(五日)のことをいい、必ずしも五月に限られていなかったようで、五月五日に限定されたのは、漢の時代といわれています。

昔、中国では陰暦五月き物忌みの月で悪月とされていました。
そこで、邪気を祓うために、蓬(よもぎ)でつくった人形を門口にかざしたり、蘭湯(らんとう)にはいったり、菖蒲酒を飲むなど、いろいろな行事が行われたということです。

これに似た信仰は日本の古代にもあって、菖蒲や蓬は魔物を駆除するものと信じられ、また、五月は、五月忌(さつきいみ)といって田植えに伴う斎戒禁欲の時期で、とくに若者たちが道徳的教訓を受ける大切なときでもあったようです。

このような日本古来の風習と、中国伝来の端午節の風俗が交流して、日本的ないろいろな行事に変化したのだといわれています。







★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.