ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字と間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
心に響く古歌で人生を豊かにしよう
 TOP ことばの語源や由来を知ろう鏡開き
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

鏡開き


鏡開きとは、1月11日に正月に神や仏さまに供えた鏡モチを棚から下ろし、雑煮やお汁粉にして食べることであります。
これは福寿円満を象徴する鏡モチを食べて、子孫繁栄をお祝いしたものと言われています。





鏡モチは、手または木槌などで割るのが古式にのっとったもので、これは祝儀のとき、「切る」という言葉を忌み嫌った風習によるもので、めでたい言葉として「開く」という言葉を用いたものです。

この風習は古く室町時代からといわれ、本来は「二十日(はつか)」に行われており、その由来としては、「二十日(はつか)」は「刃柄(はつか)」に通じることから、1月20日に行われ、「刃柄(はつか)を祝う」とも言われていました。

それが、現在は1月11日に鏡開きを行うように改められたのは、徳川三代将軍家光が4月20日(慶安4年)に亡くなったため、20日を忌日として避け、1月11日に行われるようになったようです。

現代では、結婚式やパーティーなどの祝宴で、酒樽の蓋を木槌で割って開けますが、「鏡割り」は縁起が悪い言葉ですので、「鏡開き」とされています。

なお、酒樽の蓋を割る「鏡開き」は、酒樽の上蓋が「鏡」と呼ばれていたたことによるものです。





★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.