ことば・ことわざ・故事の語源や由来、さらに業界用語や回文・四字熟語などを知ると、意外な伝説や文化、エピソードが分かり楽しいですよ

Menu ▼
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字と間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう
心に響く古歌で人生を豊かにしよう
 TOP ことばの語源や由来を知ろう日なたぼっこ
ことばの語源や由来を知ろう
ことわざ・故事の語源や由来を知ろう
あなたの漢字能力はどれぐらい?
紛らわしい漢字
間違いやすい漢字
ことばの娯楽館で話題を豊富にしよう

日なたぼっこ


「日なたぼっこ」とは、じっと陽の当たる場所、日向(ひなた)でとどまって太陽光を受けて身体を温めることであり、陽だまりの温かさを楽しむことです。




よく晴れた日の田舎道、通りすがりの農家の縁側で、おばあさんと猫が「日なたぼっこ」をしている姿がかつてはよく見受けられたものです。

この「日なたぼっこ」は、平安末期の説話集「今昔物語」の中に、「春の節になりて日うららかにて日なたぼこりもせむ」と出ていますが、古くは「日なたぼこり」と言ったようです。それが「日なたぼくり」「日なたぼこ」「日なたぼっこ」に転訛したようです。

「日なた」は「日向」と書くように日の当たる方向、場所を指します。
また「ほこり」は「誇り」のことで、平安時代には今と同じ「自慢する」という意味のほかに、「心がウキウキする」「気が晴れ晴れする」という意味があり、この後のほうの意味の「誇り」が「日なた」と合わさって「日なたぼっこ」になったという説があります。

また一説では、「ぼこり」は「火がおこること」や「火力が集中する」といった意味の「火凝(ほこる)」からきたと言われています。
つまり、ひなたで暖まっている様子から、「ひなたで焼いている」というイメージにつながって「ひなたぼこり」になったというわけです。








★しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
★一生お金に困らない貯め方・使い方
★採用される履歴書・職務経歴書の書き方
★できる男の磨き方と仕事の心得
★先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を学ぼう
★大人の心理学
★恋の確率変動モード中
★男を引き寄せる恋愛指南
★男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
★結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
★ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
★大人のための血液型診断
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★男と女の恋愛メールテクニック
★おひとりさまの心構えと対策
★うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
★人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. ことば・ことわざ・故事の語源やルーツを探ろう All rights reserved.